<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガ鑑定 No1

2012年11月08日 23:34

久しぶりの新規投稿です

10月末 高知地裁によるネガの検証が行われました。

事故現場の状況を移した6本のネガを顕微鏡撮影して、片岡さんが要求していたネガの鑑定を行うための資料を、作成したわけです。

検証の詳細は⇒ 雑草魂2 ⇒  http://zassouharu.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

その鑑定資料となったネガのポジ、つまり写真の一枚を掲載しました。

この写真のどの部分が鑑定されるのかといえば、運転席に座る片岡さんとその付近の画像です (だと思います)


3枚目中段


私は高知県警は写真をPCに取り込みデジタル加工し、PCプリンターからプリントOUTした写真をさらに フィルムカメラでそれを撮影し、ネガをつくり、それを退出したと考えています。


実際の風景を撮影したものと、紙(写真)を撮影したものを見分けることは技術的に可能です。

後者のネガを光学顕微鏡で100~500倍の倍率で撮影することにより、レーザープリンターやインクジェットプリンターのドット痕や色素雲の乱れがでてきます。

2006年の事故発生からネガが提出された2011年まで5年かかっています。
その間、ネットであれこれと【証拠写真】の矛盾をネットで流してきたので、検察・県警も対策を取る時間があったのですが、想定外だったのが、弁護側鑑定人に、元科警研の顧問の三宅洋一先生がついてくれたことでしょう。

この先生が 専門的観点から写真には疑惑があるから、ネガの光学顕微鏡撮影が必要」といってくれなければ、今回の検証は実現しなかったと思います。

結果は遅くても年内 早ければ 今月末には可能かと予測しています。

三宅先生のプロフィール ⇒ http://www.cfme.chiba-u.jp/~miyake/index.html
ここから 経歴のPDFがご覧になれます。
そのP7から一部抜粋すれば 

警視庁鑑識課顧問
警察庁科学警察研究所顧問
裁判所・警察・検察の鑑定多数

等と記載されています。

三宅先生が鑑定する写真はこれだけではないのですが、今日はこれ一枚ということで
ご勘弁。

スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。