<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回国賠訴訟のご報告

2010年11月11日 21:23


 本日の高知白バイ事件 国賠控訴審のご報告。

 といっても、今日は所用のため傍聴にはいけなかったので、参考までのご報告とさせてください

 再審請求や高知地検疑惑の対応に追われて、国賠の情報整理を怠っていたツケがもろにでました。

 前記事にて「結審」だろうと書いたのですが、今日の高松高裁はそうはならなかった。


 片岡さん夫婦が高知県警らを相手に損害賠償請求をした国賠訴訟。それを 「無罪判決を前提とした国賠訴訟は認められない」として、高知地裁は門前払いをしたのですが、生田弁護士が「国賠訴訟は国賠訴訟として審理をしなくてはならない」と言う主張を展開してます。

 その原告準備書面16にたいして、高松高裁は、その主張の補足説明(求釈明?)を生田弁護士に求めました。

 その結果 年明けの1月に口頭弁論が開かれることとなりました。

 そこで、結審かどうかは不明であるようです。

 なお。高松高裁は今回の控訴審では判断を出さない?と宣言しております。

 差し戻しか、棄却かのいずれかであるとしているわけです。


 白バイ事件の刑事裁判控訴審で 片岡さん側が提出した証拠を一切無視して即日結審という暴挙に出た柴田秀樹(現富山地裁所長)判決と比較すれば、今回の国賠控訴審はかなり慎重な審理をしていると言えない事はない。

 地裁差し戻しの可能性もないとは言い切れない・・・・・が 厳しい状況であることは間違いないだろう。


 なんとも歯切れの悪いレポートで申し訳ありません。


  再審請求署名 募集中です お構いなければカンパもお願いします

   
 

      ブログランキング参戦中  クリックお願いします
  
                 FC2Blog Ranking     blogram投票ボタン



 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 第2回国賠訴訟のご報告

    警察側の答弁書はどうだったのでしょうね?
    答弁書を書くために11月まで待っててあげたわけですから。
    きっと呆れて笑える内容だったとは容易に推測できますけど、
    もし出来てなかったのならバケツ持たせ廊下に立たせなければ。
     

  2. (・ω・) | URL | Idd1Hedg

    棄却するつもりなら裁判官はバス側に補足説明など求めずに今日で結審したのでは?

    もし、差し戻しになったら、警察側が差し戻し判決に対して上告することが予想されるから、
    控訴審判決が最高裁でひっくり返らないように、しっかりした判決書を書くためにバス側に補足説明を求めたのならよいのだけどね。

    控訴審裁判官が片岡さんの訴えを実質審理すべきと判断した場合は、控訴審では実質審理せずに第一審に差し戻しという判決をします。
    地裁(第一審)で実質審理されてないので、第一審から実質審理を開始しないと三審制にならないからです。
    高裁で実質審理を開始したのでは二審制になって、一審級を損してしまうからです。

  3. lm767 | URL | 02QnOYzI

    kochiudonさま (・ω・)様

     まとめてのコメント返信失礼します。

     これは 私がかなり反省しなくてはならないのですが、証拠の捏造等の「事実関係」が国賠法廷で争えなくなって以来、とくに控訴審になってからは、勉強と情報収集を怠っていて、法廷の様子を伝えることができない状況です。

     県警サイドの準備書面は「原告不適格」の一点張りでしかないはず。今回の口頭弁論でも向こうの弁護士が口を開いたのは「次回口頭弁論」の日程すりあわせのときだけです。

     一方 裁判官は、生田弁護士に補充書の提出を求めるなど、期待が持てる雰囲気が出てきています。(・ω・)さんの言われるとおりに、控訴棄却なら補充説明など求める必要はないですからね。

     もし。「差し戻し」となるならば、高裁もかなりの慎重さをもって、その理由をつけなくてはならない。しかし、そのために補充説明を求めたのかは全く予断がもてない。

     審理を尽くしている・・・判決が先に伸びているのは間違いないところ。

     とくに 今回は事実関係ではなく、法解釈が「肝」なんで、こりゃぁもう そう信じるしかない。

     裁判官を信じるしかない。と 書いた自分もが驚く言葉がでるのだけど、私にとっては裁判官なんてシバタちゃんとカタタ君のイメージしかないからね。

     13日に生田先生が高知地検に行くので、そのときにレクチャーを受けます。

     すみません

     

  4. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 第2回国賠訴訟のご報告

    原告側弁護士が生田先生ですから、裁判の何たるかまでを知り尽くした方。
    その先生の作成書面ですからきちんと見れば見るほど門前払いが簡単には
    できない内容になっているのでしょうね。
    結果ありきで簡単に門前払いした高知地裁のヒラメ君には困りますね。
    少しでも良い方向に向かうことを願わずにはいられません。
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/123-45c821e9
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。