<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法の存在理由

2010年11月18日 02:46


 「好事魔多し」

 今日はいろんな事(好事)があって、「よぉし、やるぞ」と思った矢先に悪いこと(魔)が起きた。

 詳細は早ければ明日にでも書けるが、一応関係者から事情を聞いてからとします。

 裏を取るというか、事実確認をして、私の誤解なら誤解としてここで公表します。

 もちろん 地検がらみではありませんので、高知地検疑惑は順調にながれますのでご心配は無用です。(イマノトコロ ハ デス)

 さて 本題

 lm767が
高知白バイ事件の片岡晴彦さんを支援して4年です。

 理由は幾つかありますが一言で言えば 裁判所に裏切られた怒りがあったからです。

 高知地検で片岡さんが「スリップ痕写真」を呈示されるまでは、多くの方同様「相手が警察だからな」という思いはありました。その警察が物理的にありえない証拠を捏造したという墓穴を掘ったことがわかった時には「主戦論」に方向転換しました。

 その理由は、裁判所という所は事実を審理する場所と私が信じていたからに他なりません。

 片岡さんの周囲が誰かの言葉を待つような沈黙の中、「ここまで舐められてどうするのよ」と私が裁判の口火を切ったものの、片岡さんが収監されたのはご承知の通りです。

 まさか 高知県警が、地裁カタタヤスシはいざ知らず、高松高裁柴田秀樹裁判官まで影響力を持っていたとは想像もできませんでしたね。 経験不足の一言です。

 「うどん屋のお釜」(ゆーだけ)とか「お坊ちゃん」とか言われていたトラウマも手伝って、言いだしっぺの責任は果たそうと考えています。

 おっと 話がそれ始めましたね。 戻します

 司法に裏切られた経験のある人がどれくらいいるだろう?少なくは無いはずだ

 また、本能的に「お上に逆らって得は無い」と考えている人も少なくはないでしょう。
しかし、前者よりは多いはず。

 さらに付け加えれば、国の根幹たる「法」を司る裁判所や検察に疑問をもったこともない人はさらに多いだろう。

 それをいいことに、国民から付託を受けて法を運用すべき司法≒法曹界が保身と出世に立場を利用する。このことは例え一部とはいえ許されるものではない。

 司法と言うものは国民の信用と信頼によって支えられているはずだ。

 司法自らそれを否定している。馬鹿げた話・・・じゃ終われない



ネットの世界を通して、司法に裏切られた多くの人の存在を知ったし、たとえ経験は無くても司法の信頼が危ないことを理解してくれる人達の存在を知った。

そういった人達が私の「ヤル気」を支えてくれる。感謝します。

最後に

司法をマスコミに入替えても私の「論」に間違いは無いと思います。

マスコミも司法も地位や立場を保身や出世=「銭儲け」の手段としているからね。

(う~~む 麦酒が尽きたで梅酒を飲んだせいか いつもと「酔い」がちがうな)

高知白バイ事件再審請求を提出しています。速やかな再審開始をもとめる再審請求署名を募集中です お構いなければカンパもお願いします

クリック → 
 

      ブログランキング参戦中  クリックお願いします
  
                 FC2Blog Ranking     blogram投票ボタン
      マジにお願いです  





 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. PPM | URL | qbIq4rIg

    Re: 司法の存在理由

    ン!だ!!

  2. 愛媛の山本です | URL | -

    Re: 司法の存在理由

    今日、スーパーJチャンネル PM5:00~(関東エリア)で愛媛白バイ事故が放送されます

    周知のご協力!!お願いします

  3. 猫のパパ | URL | -

    Re: 司法の存在理由

    暫くぶりです、「論」に間違いは無い その通りです。真実は一つです。こちらは一人なのに奴ら(あえて警察と言)は固まりになると嘘をつく そんな奴らに何か物言う人を世間は「どうせ負けるののに・・・」と言う。 がんばってください。

  4. lm767 | URL | 02QnOYzI

    山本様

     微力ながらtwitterの方で宣伝告知させていただきました。

     国賠控訴審頑張ってください。

  5. lm767 | URL | 02QnOYzI

    猫のパパ様

     お久しぶりです

     寝食忘れてやっております・・・なんてほどことはありませんが、やれることはやります。

     これからもよろしくお願いします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/129-43f5bc58
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。