<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片岡晴彦さん 上京予定

2010年11月28日 02:14


 まもなく12月。

 この一年も時が経つのが早かった。


 片岡さんと支援する会、生田先生が12月4・5日と上京します。


 12月4日  岩上安身氏のUSTインタビュー 時間は未定です

 実を言うとこれだけではないが、詳細はここにかけません。

 永田町に行ってきます。


 それに先立つ、11月30日 雑誌に高知白バイ事件が掲載されます
 雑誌名はJW(THE  JUDICIAL WORLD)

 季刊誌です。法律関係の記事で、前回は田原総一郎さんのインタビューが掲載されたりしているし、弁護士も多く記事を寄せている。

 詳細は雑草魂

 取材は堀田佳男氏 取材時期は8月だったかな?

 堀田さんの取材の後、再審請求やら菅家さんや桜井さん、大谷昭宏さんを招いて「冤罪を語る高知集会」の準備に入ったから、記憶が定かではない。

 編集長さんが高知大出身とかで、堀田さんが取材に高知に来たときに、偶然にも高知大のゼミから片岡さんの話を聞きたいときたもので、「縁」を感じています。

 たいした意味はないかもしれませんが、こういったことが意外と私のヤル気を出してくれる。

 特に最近は週刊文春の記事と再審請求。そして今回のJWと岩上さんのUST生放送といいタイミングで雑誌に掲載されて、 ねらって企画しているわけではないが、「流れがある」を感じる。その流れに乗ること、流れを切らさないことが大事。と考えて動いている。

 12月の予定は特別に私がゴソゴソと動いたわけではない。

 永田町へ行くのも、雑誌に掲載されるのも,岩上さんのUST番組に生出演するのも「降って湧いた」話。 

 twitterを始めて、岩上さんの呟きを見て初めてUSTってものを知った。で、冤罪を語る高知集会の様子を、USTで生放送した(haruhikosien)のだが、まさか、こんな日が来るとは思ってもなかった。

 何しろ、岩上さんの番組に出演した人は、著名な方ばかりで、最近では11月24日放送の原口前総務大臣。また、「小沢一郎議員を支援する会」・「日本一新の会」の主催のシンポジウム「検察・メディア・民主党」の様子が流れている。

 可視化議連の辻恵民主党議員や 先日亡くなられた黒木昭雄さんも出ていたし、追悼番組も何度も流している。その中へ片岡晴彦と高知白バイ事件が加わるわけだ。

 この番組は生で政治家の声が聞けるのだから、おもしろい番組だなと思うと同時に、司法関連の話が多いからよく見ていた。

 「いつか、高知白バイ事件を取り上げてくれないだろうか」

 と考えていたら、現実になったよ。 流れがあるんだな。

 今回の出演は生放送だから、これまでのテレビと違った片岡さんがご覧になれると思う。 

 もう一つの見所は元判事の生田弁護士のインタビュー。たぶん、片岡さんと生田先生は別々に放送されるとおもうのですが、生田先生は司法の現実をかたり、最高裁裏金問題とかを語るのではないかいな?

 岩上さんがいかに「高知白バイ事件」を切り取るのか?

 片岡さんが岩上さんの質問にどのように応えていくのか? 

 楽しみです


 そして、成功を願わずにいられない。


 高知白バイ事件再審請求を提出しています。速やかな再審開始をもとめる再審請求署名を募集中です お構いなければ支援する会と片岡さんにカンパもお願いします

クリック → 
 

      ブログランキング参戦中  クリックお願いします
  
                 FC2Blog Ranking     blogram投票ボタン
      マジにお願いです  

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. hal | URL | kI/0fU9Q

    岩上さんの理解度、これがインタビューの「成功の鍵」

    おっしゃるように、事態が大きく動いているなぁというのが率直な印象です。

    悲惨な事故だったけれども、ありふれた交通事故のはずでした。
    が、それが政治の舞台にまで登ってきました。

    そうなる宿命だったと思っています。そうならないと解決しない事件だからです。

    で、岩上さんの番組ですが、片岡さんを目一杯引き出せるか否かは、岩上さんの事件に付いての知識、理解の深さに掛かっていると考えています。

    そのためには資料の提供、レクチャーなど事前の仕込みが欠かせないです。
    岩上さんの理解力と問題を整理し、それを第三者に伝える力は並外れていますから、番組で最大限の効果を期待するには、仕込みが必須だ思います。


  2. 監視委員長 | URL | Ztawh61w

    Re: 片岡晴彦さん 上京予定

    >偶然にも高知大のゼミから片岡さんの話を聞きたいと
    拙ブログにも高知大や他の教育機関からときどき見に来られています。大学関係者の方から興味を持たれるのも頼もしい。つい「冤罪学」という学問ができんかなぁと思ったりして。

    いずれにしても、この事件は政治問題にすべき内容であることは間違いないでしょう。

  3. lm767 | URL | 02QnOYzI

    hal様

     ご無沙汰です・・・・

     さて、片岡さんがUST生放送出演。はらはらどきどきが本音です。

     お二人の会話が噛み合うだろうか・・・など、不安があります。しかし、ここは一つ、生放送の醍醐味を味わいたいところです。

     12月4日の生放送にむけて、今日からブログにて「高知白バイ事件」のこれまでを振り返って見たいと思います

     これは、まぁ UST視聴者向けとしてですが、高知白バイ事件てのはこれだけの司法の問題が絡んでんですよ。ってことをお伝えして、番組視聴のための予備知識にしていただければと考えています。



     

  4. lm767 | URL | 02QnOYzI

    監視委員長様

     今 マスコミはさほどの関心を寄せていませんが、司法への関心は高まっているっと思います。

     足利事件に始まり、布川事件が年明けには再審開始が決定するでしょうし、国会でも可視化議連が活動を始めています。

     司法に関心が集まりだした。

     警察・検察・裁判所の制度はここまで「無傷」だったといえるのですが、その中身は腐りかけていることが見えはじめた。

     裁判員制度みたいな官主導の改革でなく、誰がための司法なのか問い直して、公平な司法をめざした改革をなさなければ・・・・

     う~むぅ 難しいことを考えると、話がまとまりませんなぁ

     今の司法はおかしい。とか、自分の信じていた司法とは違うと思う人が若い方に増えてきたのはうれしいことです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/137-366b57db
この記事へのトラックバック

警察の犯罪と裁判所の犯罪について岩上安身氏の生中継。高知の方も是非

lm767さんのブログによると(片岡晴彦さん 上京予定) ・警察の犯罪 高知白バイ事件については、片岡晴彦さん。 ・裁判所の犯罪 裏金については生田輝夫弁護士。 両者へのインタビューが生中継されるらしい。地元メディア「高知新聞」が報じなくても、この番組を見...

岩上安身記者インタビュー決定、12月4日土曜日です。 - 高知白バイ事件

乞うご期待。 高知県警、高知地検、高知地裁、高松高裁の方、よろしかったら見てください。 こちら⇒ http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8186075608518656

一般市民が冤罪に!高知白バイ事件

小沢さんや鈴木ムネオさんら政治家だけでなかった。一般の市民も警察、検察裁判所ぐるみの冤罪、でっち上げ事件の被害者になっていたということが、この高知白 バイ事件からわかります。この事件についてぜひ知って、一般市民が冤罪にまきこまれ、犯罪人に仕立てられると...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。