<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Haruhiko Kataoka and Tosiro Senba profile

2010年04月09日 19:26

 2010 Apr 13 12:00 - 14:00  in The Foreign Correspondents' Club of Japan

 http://www.fccj.or.jp/node/5521

Kataoka, Senba & Takahashi, "Police Bike Incedent" and "Police Back Door Money"

 

Toshiro Senba

Profile


Born in Ehime Prefecture in 1949. Former Ehime Prefecture police sergeant. Refused to write fake receipts used in police constructed bribes. Was continually requested to do so but remained firm in his refusal to cooperate maintaining his belief that it is wrong for a police officer to engage in criminal activity. As a result, he was labeled the “enemy of the police system” by his colleagues and superiors.

In January 2005, while still a member of the police force, he brought about a formal accusation of bribery within the force. This was the first ever formal accusation originating from within the police force. While facing considerable pressure to quit the force, he continued his work and even contributed in the arrests of wanted criminals at that time.



Haruhiko Kataoka

Profile


Born in Kochi Prefecture in 1954. Former school bus driver. Known for exceedingly safe driving and a personality that garnered the respect of the school administration, students, as well as student’s caretakers.


  1. While driving a bus loaded with 25 students and teachers from Niyodo Junior High School during a field trip, was involved in a traffic accident with a motorcycle police officer. The cause of the accident, in which the motorcycle hit the stopped bus, was lack of attention by the motorcycle police officer. However, according to an illegal investigation and an unfair trial, Mr. Kataoka’s grave negligence was deemed to be the cause of the accident.


  1. The high court in Takamatsu refused to consider any of Mr. Kataoka’s evidence claiming that there was “no need”. In response to the refusal to consider the evidence, via the Internet and some media outlets the voice of opposition against the police and court system grew. A petition requesting a fair trial for Mr. Kataoka was creating containing 50,000 signatures.

 

2008    In August, the Supreme Court refused to hear Mr. Kataoka’s appeal.

         In October of the same year he began to serve his prison sentence at Kakogawa prison

  1. In February, after finishing his prison sentence. Mr. Kataoka was released from prison and is actively seeking a re-trial.


                 日本語

 

仙波敏郎 プロフィール
 
1949年       愛媛県に生まれる
 元愛媛県警巡査部長。
 警察の裏金つくりの基本的な手口「ニセ領収書」を書くように求められ拒否する。
以来、幾度となく協力を要求されたが、「警察が犯罪行為をしてはならない」という信念をもって協力拒否を続けた。そのため、仙波は同僚や上司から「警察組織の敵」と呼ばれた。      
 
2005年1月 在職中に警察の裏金の実態を実名で内部告発。
現職警官による内部告発は史上初の出来事。警察を辞めさせようとする警察内部の圧力にも屈せず、その後も警察官の職務を遂行し、指名手配犯を逮捕するなどの功績を残した。
2009年3月 定年にて退官。
 
片岡晴彦 プロフィール
1954年高知県に生まれる。
 元スクールバス運転手。
 スクールバスの安全運転技術は極めて優秀であり、片岡の人柄は学校や生徒、保護者達からも厚い信頼を得ていた。
2006年.仁淀中学校の生徒や教員25名を乗せて、卒業遠足中に高知県警の白バイとの事故に遭遇。
停車中のスクールバスに白バイが衝突したこの交通事故の原因は、白バイ隊員の前方不注視と高速走行が原因であった。しかし、警察の不法な捜査や、不公平な裁判によって、片岡の重大な過失が原因とされた。
2007年 高松高裁は片岡の提出した全ての証拠の審理を『必要ない』として、控訴を棄却した。
これを機会にインターネットや、一部のマスコミから警察や裁判所に対して批判の声が上がった。
公平な裁判を求める5万人の署名も集まった。
 
2008年8月最高裁は片岡の上告を棄却。同年10月、片岡は加古川刑務所に収監された。
2010年2月。刑期満了により出所した片岡は再審請求に向けた活動を始めている
 

  皆様のご協力無しには戦えません よろしくお願いします。

   署名方法 → 支援する会HP    

  ブログランキングに再び参加しました。カテゴリーは日記・その他

 クリックよろしくです →   FC2Blog Ranking

 

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/34-e7323177
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。