<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7

2012年07月04日 02:44

 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7

本件の証拠によって認定できる事実      鑑定書P14

1) 現場の道路環境

以下鑑定書要約

中央分離帯が設けられた片側2車線、右折レーンが設けられた交差点
自歩道幅員   5m
車道幅員   10m (右折レーン3m含む)


現場の見通しは極めて良好である   (lm767注釈 争い有) 

スクールバスの停止位置は現場道路をほとんど塞いでいた   
  


参考資料
 高知県警作成見分図(クリック拡大)

  見分図


2) 事故現場上の痕跡
 
写真11 

 現場写真 055 クリック拡大 

写真から分かる通り、スクールバスの右前輪の後ろ側にはスリップ痕様のものと、白バイが転倒している後ろ側には路面擦過痕様の物が観察される

スクールバスの右前輪後側に認められるスリップ痕様の物の特徴として、印象尾の程度が薄く、タイヤの溝が生成されていない

白バイが転倒してる後側に認められる擦過痕様の物の特徴としては、最初に印象した擦過痕はスクールバスに対して直角の方向に生成され、最後にはスクールバスの進行方向に生成されている。また、生成された路面擦過痕の濃度はすべて均一である。
 

写真12 

 写真12 クリック拡大 

写真を確認する限り、2条のスリップ痕様の物は平行に印象されているように見えるが、2条とも縦筋が観察されない。
なお資料によると左のスリップ痕様の物は若干カーブしている、2条のスリップ痕の間隔は徐々に広がっていると言われている。

参考資料こちら


写真13  

 写真13   クリック拡大
 

真13は、スリップ痕様の物の終端部が濃く見える状況を撮影した写真であるが、写真12には顕著に見えない。

前記した本件事故の路面痕跡からの以下のことが言える

①スクールバスが最終停止した右前輪タイヤ位置の後方にタイヤのスリップ痕世のモノが観察される

②スリップ痕は薄く、タイヤの溝は観察されない

③左スリップ痕は若干カーブしている

④スリップ痕の先端が濃く見える写真もあるが、先端が濃く見えない写真もある

⑤白バイが最終停止した位置の後方には路面擦過痕(金属擦過痕)が観察される

⑥路面擦過痕の印象始めはスクールバスに対して垂直方向に生成され、円弧を描き、横転した白バイに近い最終部はスクールバスにたいして平行に印象されている

⑦路面擦過痕の印象程度(濃度)はすべて均一(均等)に印象されている。

以上


続く

 
lm767 注釈
写真11.13は実際に掲載された写真とは違いますが、鑑定人が指摘している部分を撮影している点において変わりはありません。


次回は 3)スクールバスと白バイの損傷状況です。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7

    指摘事項
    ア)鑑定書p14関係
     ①スクールバスが最終停止した右前輪タイヤ位置の後方にタイヤのスリップ痕様のモノが観察される。写真12の先端はタイヤ停止位置中心から約25cm前方まで達しているこの内、先端部から少なくとも15cm以上、最大20cm程度の範囲は摩擦力によって印象されたものではない。  
    イ)衝突事故は3つの現象から構成される。としているが、3)の記述は、双方の車両が走行していることを前提としており誤りである。

    ウ)前記イ)はバスの走行について、三好算定を根拠としているものと思われるが、三好志郎算定書はア)(タイヤ停止位置より前方)の印象原因を全く思料していない(蛇足想像)。三好、鑑定人ともに、タイヤ停止位置より前方の印象を思料しておらず、事実誤認である。

    エ)タイヤ停止位置より前方の部分と後方の部分は、路面凹凸の程度差によって色合いの変化は見られるが、その質に於いて同質であり、一様一体のものである。従って、スリップ痕様のものは、正に、スリップ痕様のものではあるが、その全体は摩擦力によって印象されたものではない。

  2. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7

    確かに、タイヤの接地面以外にも「痕跡」が残っています
    支援する会の方に同様の指摘をしていただいた文書が届いています。
    その方のご許可を頂ければ このブログにも掲載できると思います

    多分 タイヤの下はバスを移動しないと「塗れない」ため、バス異動後に何らかの液体を塗りたしたのでしょう。(写真13の黒い先端部分)

    で、液体の配合をまちがえたのか、その部分が先に蒸発してしまい、写真12のように先端部分の色が薄くなったと推測しています

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/634-a5659c2d
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7】

 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定7 本件の証拠によって認定できる事実      鑑定書P14 1) 現場の道路環境 以下鑑定書要約 中央分離帯が設けられた片側2車線



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。