<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知白バイ事件・再審請求・嘱託鑑定8

2012年07月07日 16:30

高知白バイ事件・再審請求・嘱託鑑定8 P17

(証拠などから認定できる事実)

3)スクールバスと白バイの損傷状況

スクールバスと白バイに生成された変形・破損の部位や状況から、衝突した時の姿勢や速度などが推定できる。
スクールバスのフロントバンパー右サイド部に白バイの前輪が衝突したことは明らかである

〇スクールバスと白バイが最終停止した時の状況

写真14
       
                         

       
写真14
 写真から分かる通り、白バイはスクールバスに対して、ほぼ平行に停止し。潜り込みや噛み込(合体)等は観察されない



 
〇写真15は、白バイの前面部が衝突したスクールバスの変形・破損部位を撮影した写真である

   
写真15   
 
 

 写真からからる通り、フロント・バンパ右側部が座屈し、車体内部にまっすぐに押し込まれていることがわかる。
また 構造強度の強いフレーム(構造材)の変形・破損は写真で見る限りは観察されない



〇写真16は白バイの変形・破損状況を撮影した写真

     
  
写真16    

写真から分かる通り、白バイの前輪前部の変形。破損はなく、タイヤもパンクしていない。また。衝突速度が高い時に交代するフロントフォーク部の変形も写真で見る限り監察されない


〇写真17は白バイの右側面に生成された擦過痕の部品を撮影したもの。

   写真17  
写真から分かる通り、白バイの右側面部に装備されたリヤバンパーぶやマフラー部、排気管部に路面と接触した時に生成される擦過痕が観察される。また、生成された擦過痕は、擦過方向が異なっている。



前述したスクールバスと白バイの変形・破損・痕跡の状況から以下のことがいえる

① スクールバスのフロントバンパー右サイド部に白バイの前輪部が衝突した

② 白バイが衝突した際の姿勢はほぼ直立した姿勢で、ほぼ直角に近い角度で衝突した

③ 白バイの前輪部(タイヤも含む)やフロントフォーク部には顕著な変形・破損は観察されない

④ 白バイの右後方バンパー・マフラー部・排気管部には擦過痕が形成され、擦過痕の方向がそれぞれ異なっている





          
     
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件・再審請求・嘱託鑑定8

    ④ 白バイの右後方バンパー・マフラー部・排気管部には擦過痕が形成され、擦過痕の方向がそれぞれ異なっている
     とあるが、全く鑑定に値しない。子どもの使いである。
     擦過痕の方向を白バイの前後方向、上下方向に分解すると、前後方向については前輪を頭にして移動しているが、上下方向については下から上の動きを示し、下側に引き摺られていることになる。即ち、バスはバックする方向に引き摺っている事になる。白バイ車体のこの様な擦過痕を生じるには、白バイは右倒しになりながら(バスに近づきながら右向きに排気管が擦れるほど傾き)、バスの前方向へ抜けようとする動きであったというより他になく、この動きは白バイの能動性を示すもので、止まっているバスに衝突したと考えるのが合理的である。白バイ車体の擦過痕は少なくともバスに引き摺られた擦過痕ではない。
    分かりにくければ、次の様に考えられると良いと思います。
    最終形態のままバスが白バイを引き摺ったら、白バイの上下方向の傷は上から下向きになると言う事です。

  2. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    Re: 蛇足様

     申し訳ありませんが
     >即ち、バスはバックする方向に引き摺っている事になる
     というところの意味が解りづらいです。

     エキパイ部の擦過痕の方向については別途 高解像度の画像を反論編でUPしていきます。
     その時にでもよろしくです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/635-5bf9aa68
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。