<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定9

2012年07月07日 17:54

高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定9

いよいよ本題に突入・・・
(  )内の内容は私のメモ


スクールバスと白バイが衝突した時の態様
 P20
(スリップ痕様の物がバスの横滑り痕であると認定した理由)

これまで事故現場に印象されたスリップ痕様のものや、路面擦過痕様のもの、スクールバスや白バイの車体に生成された変形・破損や痕跡は客観性の高い物的証拠である

この物的証拠と事故の態様の関係について解析する

痕跡は無秩序に見えるが、事故態様の中で生成されている限り、物理の法則に則って生成される
(つまり、物理法則に則してない場合は、事故によって生じた痕跡ではないという事だナ)

従って、痕跡の生成理由・時間的順序・異同識別(整合性)ができた場合には、事故の再現はかなり高い精度で可能となる

痕跡がどの様に生成されたかを考察するためには、スリップ痕や路面擦過痕の種類や外見的特徴、またその特徴の変化が衝突や転倒した時の態様のうち、どの要素の変化によるものか解析する日地用がある。


スクールバスの事故態様とスリップ痕

スクールバスが交差点を右折しようとしていたことには争いがない。
参考 図1

白バイはスクールバス右横フロントバンパーに横から衝突したことは明らかである

先に写真1・2で示した通り、自動車の側面部に衝突を受けると、自動車は衝突を受けた方向に押されることになる

写真1                                 写真2
写真1   写真2

写真1 バイクの速度 70km/h 自動車停止
写真2 車両速度不明 2台とも等速で移動


図4は、側面図に衝突を受けた時の衝突部位の違いに移動の際を示したもの

図4
図4 
↑ (実際の重心移動はこうはならない 重心を中心とした回転運動になるのがまともな法則)

図4から分かる通り、白バイがスクールバスの重心位置から離れて衝突した場合、スクールバスは車体前部が左側に容易に移動(偏向)することがわかる
(前が左に滑れば、後ろはどうなるのか? 図4では右に滑らないどころか。左後輪はバックしている)

スクールバスの前部を主に横方向への移動が生じだ場合、タイヤの回転する向きに対して、左側にバスの前部が移動(横滑り)することになる

ところで、走行中に急ハンドルをきると車体に回転運動が起きて、タイヤの回転する向きと車体が移動する方向が異なり、タイヤと路面との間に横滑り運動が起きる

すなわち、タイヤが回転する方向から少しでもスリップ角が付いた向きに自動車が移動すると、タイヤと路面の間に滑りが生じる

横滑りした場合 図6に示したタイヤの縦滑り摩擦と横滑り摩擦を比較した実験データーから分かる通り、ブレーキ制動の時と同じような、タイヤと路面との間に摩擦力が生じる(添付資料2)

図5                                        図6
図5  図6

タイヤと路面の間に摩擦力が生じした場合 写真4のような横滑り痕が生じる

写真4
写真4 

この横滑り痕はタイヤの回転方向に刻まれた溝と別の方向に移動するため、先に示した図3に示す通りタイヤ痕には溝が印象されない。

図3
図3

上記した通り、白バイがバスに衝突した時、運動力学の法則に従って生成されるスクールバス前輪によるタイヤ痕と、本件事故現場に印象されたスリップ痕様の物が良く符合している。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定9

    「スクールバスが交差点を右折しようとしていたことには争いがない。」は過去進行形の表現を用いることで「(バスは走行中という)外形的な状況に争いがない」との意味にとれる(或はとられる事を期待している)。右折しようとしていたのは片岡さんの意志であって、バスの事故時の走行(タイヤの回転)状況ではない。
     裁判で争われているのは、走行していたか、停止していたかである。このように表現すれば、「弁護側もバスが「走行中」と認めているから、以下のように論じる」として、最初に「スリップ痕である」と結論している。従って、以下の論が全く鑑定の意味を為していない。

    スリップ痕様がスリップ痕であることを前提とした自説の披露で空論。というより、虚論。黙ってい聞いていたら太陽が西から昇ってしまう。示している図や写真が本件事故のものではないのが特徴。この虚論が本件事故に当てはまらないからであろう。

     本件事故の特徴である「タイヤ停止位置より前方のスリップ痕様」を注視すれば鑑定など無用。

  2. 鉄馬 | URL | HaMeHsw.

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定9

    こんばんわ。

    白バイはスクールバス右横フロントバンパーに横から衝突したことは明らかである

    「バスが白バイを跳ねた」とは違うんですね。

    バス側面に白バイがつっこんだということですね。

  3. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    Re 蛇足様

     鑑定人にとっての前提は 「バスのタイヤ痕である」

     これは絶対条件ですからねぇ。痕跡がタイヤ痕でない可能性を考慮することは許されてない
     のでしょう。だから、こういう鑑定結果しか出せない。ある意味かわいそうな人です。

     業界の権威と言われる人の鑑定がこれですから、交通事故鑑定そのものの信用性を貶めている。と 思います。

  4. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    Re: 鉄馬様

     あはははは その通りですよ。

     バスの側面に衝突したのなら、「バスにはねられた」とは言えません。
     この文言は鑑定12にも出てきます。

     原審判決は「同車(白バイ)前部に自車(バス)右側前部を衝突させて、白バイ隊員を3.6m前方にはねとばして・・」と事実認定をしています
     http://haruhikosien.com/siryou.html 地裁判決文2P・1行目

     苦しい判決文です。右側前部は正確には右側側面前部なんですが、側面を衝突させるってのは苦しい。加えて、バス側面に衝突した白バイの隊員がどうやってバスの前方に3.6mも跳ね飛ばされるというのか?

     もちろん 今回の鑑定でもそれは説明されていません。

     証人尋問でも、見通しの良い道路で白バイが直進状態でぶつかった理由を「白バイ隊員が何らかの理由で意識がとんでいた」と説明したとも聞いています

     意識があれば回避できた可能性を指摘?というわけでもなさそうですがね。

     最低でも、警察の証拠捏造認定は回避したいのでしょう。

     

  5. 石井 | URL | -

    あえて反論

    この鑑定もなかなかのもんです。
    管理人さんのメモ「実際の重心移動はこうはならない 重心を中心とした回転運動になるのがまともな法則」は間違ってますよ。その辺の身近にある物体で試せばわかります。衝突した位置によって運動は変わります。管理人さんが言うのは、重心が固定されていた場合ですね。それに図4は前にもコメントしましたが、デフが作動するのでバスが動いていたかどうかとは別にした解説であって左後輪が後退したとは言えないのです。うまく逃げられてます。ブレーキ痕からスリップ痕に変えられちゃったら、これに対する突きどころは、バス10Kmに対しどれだけのGをかければ横滑り痕がつくか?つまり、どれだけのスピードで衝突されれば横滑り痕がつくか?おそらく2輪ではほぼ不可能と思いますけどね。

  6. 監視委員長 | URL | Ztawh61w

    鑑定というより印象操作

    この鑑定士は、タイヤのスリップ角度を推定もせずに、横滑りでタイヤ痕が印象されたと結論づけているようです。その根拠として、状況が全然異なる乗用車との側突実験の写真1と写真2を持ち出しているみたいですが、合理的な根拠ではありませんよね。

    ひどい印象操作は「ブレーキ制動の時と同じような、タイヤと路面との間に摩擦力が生じる」と図6です。図6だけ見ると横力と制動力が等しいように見えますが、これは偽装工作なんでしょうかねぇ(笑) 縦軸はいずれも係数であって絶対値ではない。しかも、横軸がスリップ比とスリップ角であり、要素が全く異なるグラフを並べています。左グラフの横力とは、車体を横に押す力(横滑りとしては車輪が押される力)であり制動力ではない。タイヤのスリップ角に応じた横力の分力成分が前進力を妨げるわずかな抵抗となる程度。ところが「制動の時と同じような摩擦力が生じる」と書いている。横向きの力を縦方向の制動力と同じ、すなわち横のものを縦だと言い張っている訳です。ただ、この書き方がミソで、この御用鑑定士は言い逃れできるように書いています。慣れているのでしょう。

    図5にしてもそう。バスが衝突後2.9メートル前進したとされる案件で、ホイールベースが4.5メートルもあるバス真横を向く訳がない(苦笑) 小学生が考えても分かりそうな不適切な図を持ち出してくるのは、文系の裁判官なら騙せると思っているのでしょうかねぇ。いやはや困ったもんです。

  7. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    監視委員長様

    ありがとうございます

    図6の引用の仕方 流石歴戦練磨ですね。文系の裁判官・弁護士は対応できないでしょう。仮に対抗する鑑定士がいても権威でねじ伏せる。グラフの要素を説明しても図6の引用がでたらめであることが理解できない人も少なくないでしょう。

    図5に関して

    白バイはバス右から衝突して バスを左に押しその影響でバスは横滑り。 つまり。バスは左に横滑りという事になる。図5を参考にするとバスが進行方向左に横滑りするとタイヤ痕は左カーブのはずですが実際には右カーブ
    参考 http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-634.html
       鑑定書7の写真12

    これは 蛇足さんも指摘している、私も同感なんですが・・・
    この程度のことは 鑑定人からすればどうとでもできるのでしょうね。


  8. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    石井様

     図4について

     デフの作用というのは、右後輪と左後輪の回転差があるから、後輪はバックしない
     ということですね ありがとうございました

     ところで、バス前輪が横滑りを始め~停止までの左後輪と右後輪の動きをどうお考えですか?

     私には皆目見当がつかないのですが・・・

  9. 監視委員長 | URL | Ztawh61w

    左に押されて右回りの痕跡?

    LMさん
    >タイヤ痕は左カーブのはずですが実際には右カーブ
    は、いい着眼点ですね。
    ご指摘のとおり、バスが停止するまで継続的に横滑りすると力学的な辻褄が合いません。白バイの衝撃は衝突から0.1〜0.4秒後に車体に伝わりますが瞬間的な力であり、止まるまで白バイが横に押し続けることは考えられません。
    一方で、右曲がりのタイヤ痕は時計回りのヨーモーメントが発生したことになります。その力学的根拠を横滑り説から説明して欲しいものです。海千山千の御用鑑定士が場当たり的に「いやアレは白バイを引きずった抵抗で右に...」などと県警のブレーキ痕説を部分的に持って来そうです。となると、衝撃の方向と逆に右に曲がったとすれば、それは横滑り状況ではない訳ですね。虚偽鑑定がだんだんバレてきました(笑)

  10. lm767 | URL | -

    Re: 左に押されて右回りの痕跡?

    監視委員長様

     この鑑定書 突っ込みところが満載で、矛盾点が覚えきれない。 あれも、これもと指摘していると、焦点がぼけてきそうで困っています。まさか そこが狙いか(笑)

     しかし、一応すべてつぶしておかないと、判決文(決定文)で何が証拠採用されるか、わかりませんので苦労しますよね。

     しかし、経験側上に明らかなことを、文系の人に説明するのは、ややこしいですねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/636-d26dca9d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。