<

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12

2012年07月15日 23:52


高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12

まとめと考察 P26~

白バイがスクールバスに衝突した時、運動力学の第三法則である作用反作用の法則により、白バイが衝突した時の進行方向にスクールバスを移動させるような力を作用する

白バイの衝突によりスクールバスに力が作用するとスクールバスは力の方向に移動(押される)する。特に、本件はスクールバスの前端部に白バイが衝突しているため、梃子の原理でスクールバスの前部が横側に大きく異動する。 
        ※梃子の原理=てこの原理

スクールバスの前部に横移動が起きると。前輪に横滑りが生じ、タイヤと路面の間にすべりが起きる。路面上をタイヤが滑ると(こする)とタイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象する

本件の事故現場路面上に認められる。道路を横断する方向に印象された2条のスリップ痕は。上記した生成機序の通り、横移動していたスクールバスの前輪タイヤの横滑り痕(ヨーイング痕)と断定できる。

なお、横滑りする程度が前輪と比較して、後輪タイヤは少ないために本件のスクールバスの後輪タイヤによる横滑り痕は生成されない。

本件のスクールバスのタイヤに横滑りが生じると、減速力(制動力)が起き、停止することになる。タイヤの横滑りによる制動力の大きさは、タイヤが回転する方向とタイヤが横滑りする方向とのスリップ角によってことなる。


本件のスクールバスには右への操舵角がついていたと考えられ、横滑り痕も生成されていることから、高い制動力が前輪部に作用していいたと考えられる。

走行している自動車の制動距離から。制動する前の速度を算出する力学式より、本件のスクールバスが横滑り痕を印象する前の速度を算出してみる。

計算式1
計算式1


ここで、前輪タイヤが約1,2mの長さ横滑り制動した場合の求まった。

この算出した速度には後輪のタイヤによる、若干の横滑り制動分と、白バイへの衝突によるスクールバスの減速分が含まれていない。

この原則分を考慮すると、本件スクールバスはおよそ10km/h程度の速度で移動していた時に白バイと衝突したと考えられる

ところで、本件のスクールバスの制動は前輪のみの制動(ブレーキ)である。このため、一般的なブレーキショックの3分の1程度の減速レベルとなり、スクールバスの乗員には減速のショックは感じなかったと考えられる。

図10-ア 

図10からわかる通り二輪車の衝突速度が30km/hを超えた場合前輪フロントフォーク部に後退が生じる

先に写真16で示した通り、白バイ前輪のフロントフォーク部には写真から確認できるような変形は観察されない

恐らく、スクールバスのバンパー右サイドとサイドパネルの凹損によって、衝撃力が吸収されたと考えられる。 この 吸収エネルギーを安定することは難しいが、二輪車の前前輪部より構造強度は弱かったのは明らかである。

上記した車体の変形・破損程度から、本件の白バイがスクールバスに衝突したときの、許容できる速度を推定するのは困難であるが、白バイの衝突によって、スクールバスの車体前部が横移動(偏向)した量や白バイの乗員が死亡していることなどから総合的にみて、白バイがスクールバスに衝突した時の速度は50~60km/hと予測できる。


これで嘱託鑑定書の本文の掲載を終わりました。

後は添付された資料となります(A4で30P弱)
公平を期するために掲載順次掲載していきます。

次回より反論を加えていくわけですが、そこで またまたブログの構成に悩みます
「下手の考え休むに似たり」なんで たぶんこのままだと思いますが、しばらく時間がかかるかもです。

せめて、リンクを工夫してわかりやすくしたいとは考えているのですが・・はてさて


以下、LMメモ

スクールバスの乗員 正確には乗客は25名(中学生22名・教員3名)

操舵角は何度なんだろう? 10度前後の操舵角で横滑り制動がかかるなら、バスのクリープ現象はどうなるのか?10km/hで走行す 9tのバスを停止させるほど、操舵角によって制動力が生じるなら、少しでもハンドルを切っていたらAT特有のクリーク現象は生じないってことになるのじゃないか?

後輪に制動力が発生していないという事は片岡さんはブレーキを踏んでいないということになる。では、片岡さんの右足はバスの横滑り中にどこにあったのか?アクセルペダルなのか?宙ぶらりんなのか?


計算式1にあるKで何? バスの前軸重と後軸重の比率も違うんだけどなぁ・・

衝撃力が吸収されたら、バスを移動させる衝撃力も吸収するのじゃないのか?

60Kmで衝突したら必ず死亡するのかいな?それと隊員身体の最終位置はまるで考慮していない。


 コメント返信中に思いついたメモ

 
1、横滑り中に前輪は回転していたのか 否か? 鑑定人は結論を出していない

回転していた ⇒ 横滑り痕に 斜めに横筋が入るが本件では斜め横筋はない

鑑定書P82 図40図40

回転してない⇒ 運転手はブレーキを踏んでいないということだから、アクセルオンなら後輪は回転を続けバスを押し出す⇒通常なら前輪は回転 アクセルオフでも慣性とクリープ現象で後輪は回転・・・だが

タイヤ痕は1.2m その間 前輪が回転しない理由は?


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12


    白バイがスクールバスに衝突した時、運動力学の第三法則である作用反作用の法則により、白バイが衝突した時の進行方向にスクールバスを移動させるような力を作用する

    白バイの衝突によりスクールバスに力が作用するとスクールバスは力の方向に移動(押される)する。特に、本件はスクールバスの前端部に白バイが衝突しているため、梃子の原理でスクールバスの前部が横側に大きく異動する。 
            ※梃子の原理=てこの原理

    スクールバスの前部に横移動が起きると。前輪に横滑りが生じ、タイヤと路面の間にすべりが起きる。路面上をタイヤが滑ると(こする)とタイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象する


     スリップ痕様の最先端から約20cmの範囲はタイヤの不接地範囲で、「タイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象」したものではない。
     スリップ痕様のものは先端部分約20cmの範囲とその態様において連続性を何等失っておらず、路面骨材の凹凸形状が容易に視認できるなど、「タイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象」したものではない。

    「梃子の原理でスクールバスの前部が横側に大きく異動する。」 

    「てこの原理」を構成する、力点、支点、作用点が何処かを示さず、説明、解析になっていない。(てこの原理で小さな力でも大きな物体を動かす事ができるという私達の錯誤期待で恣意的に用いている。)一般的にはてこの原理の力点と作用点の力の方向は逆。力点(衝突点)と作用点(タイヤ接地部)と考えると、スリップ痕様の微妙なカーブは、ゴルフでいうと、フックラインにならなきゃいかんじゃねーの?鑑定人さん。
    てこの原理をちゃんと説明してチョーダイ。


    横滑りを継続する力(作用し続ける)は何か?白バイは停止しており、白バイではない。この様な力はないから、横滑りは継続しない。スリップ痕は印象されない。

    とりあえず。

  2. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    Re: 蛇足様

     返信が遅れてすみませんでした
     やっとこさ これで返信が追い付きました。

     フックラインはわかりやすいですね。
     タイヤ不接地面の痕跡とあわせて弁護団に伝えます。

     証人尋問は再審開始まで開かれることはありませんので、矛盾を秘匿するする意味は薄くなりました。どんどんご指摘ください

     力点が白バイ衝突点 作用点が前輪とすると、支点はどこになるのでしょう?

     鑑定人は力点は白バイ衝突箇所 支点をバス重心位置としているようです
    、となると作用点は後輪なのか?? そうだとして後輪に横滑りが起きないのだ?
     重心が後輪寄りにあるのか・・

     う~~む 梃子の原理を復讐しなくてはならいみたい

     

     

  3. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12

    最も矛盾しているのは、引き摺られながら、どうやってバスを押し続けることができるのだ?
    鑑定人のてこの原理はラムネの栓抜きタイプということですか。
    このタイプなら力の方向は一致するが、押し続ける力が無ければ横滑りしない。それとも、摩擦が無いから慣性力で動き続ける?摩擦が無きゃスリップ痕の印象は無いし、矛盾だけはしっかりと付いて回る。

  4. 蛇足 | URL | nBbR0o8o

    Re: 高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12 排気管のキズの方向

    白バイ車体の排気管の傷の方向は写真17で明瞭に4時00分から10時00分方向へ付いている。(短針による方向表現)
     鑑定人が示すように12時方向を前にして路面に右側に倒れた場合、10時方向へ移動しなければこの傷の方向とはならない。白バイから見て、正面を12時方向とした場合、10時方向はバスが後退する方向である。従って、この傷は白バイの自走によるもので、引き摺られたものではない。最終停止位置は衝突地点である。

  5. 管理人 | URL | 02QnOYzI

    蛇足様

     エキパイ擦過痕についてのご意見 かなり理解することができました。
     ありがとうございます

     白バイのエネルギーの持続性はとんでもないですよね

     白バイがバスを破壊し、進行方向と違言う方向に、転倒後もバスを1mを押しうごかす あり得ないです

     それを どう文書化・視覚化して説明するかです。裁判官にとって裁判は科学でなくレトリックですから、裁判官に伝え、理解してもらわないことには無視されるだけと思ってます。

  6. 西村範生 | URL | SQ/C0gTo

    Re:高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定12

    一昨年現場に行って見ましたが、バスが休憩所から道路に飛び出し、対向車線で急ブレーキをかけたため、タイヤ痕が付く事なんてありえない。当時片岡さんは逮捕されて現場で実証見聞に立ち会っていないし、慣性の法則を初めから出してバスに乗っていた学生など一人一人に別室で取り調べしたら証言が一致する筈だ。これは世紀に残る程悪質な司法の犯罪だ。
     小生は岡山県総社市在住の者だが、最近理由もなくパトカーに乗せられ警察署に連行されたので、公安委員会に苦情を申し立てたところ、嘘に塗り固められた返事が返って来た。公安委員会は県警本部の番犬、操り人形だ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/tb.php/639-2c5f8e78
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。